事故にあってしまったら

受けられる主な損害補償

交通事故治療を鍼灸院・あん摩マッサージ院で受けた場合

交通事故治療を鍼灸院・あん摩マッサージ院で受けた場合 交通事故でケガをしてしまうと、そのケガの治療が終わっても痛みやしびれなどの後遺症が残ってしまうケースがあります。
むちうち症の腰痛や首の痛みは交通事故の後遺症の代表です。
鍼灸院やあん摩マッサージ院の中には、交通事故治療・とりわけむちうちなどの後遺症の治療が得意な治療院があります。
交通事故の被害者は、被った損害について相手に損害賠償請求することができます。
賠償請求できる内容はとても細かく分かれていますが、ケガの治療費は積極損害として基本的に実費で請求できることになっています。
実際にいくら損害賠償請求するかについては、相手方、多くの場合相手が契約している自動車保険の会社との話し合いである示談交渉で決定します。
相手の保険会社からは、鍼灸院やあん摩マッサージ院で受けた交通事故治療については日数に含めないと支払いの打ち切りを宣告されることがあります。
しかし、交通事故のケガや後遺症の治療として必要なものであれば、鍼灸院・あん摩マッサージ院での治療についても交通事故治療として請求日数に含めることができます。

交通事故治療で受けられる主な損害補償

交通事故治療で受けられる主な損害補償 交通事故に遭ってしまった際には、さまざまな損害補償を受けることができます。
加害者側からの慰謝料はもちろんですが、それ以外にも交通事故治療においての損害補償を受けることが可能なので、知っておきましょう。
まず、治療費用です。
これは、交通事故治療に掛かった実費を補償してもらうことができます。
治療には、さまざまな費用が掛かってきます。
自分で負担しようとすると大きな負担になってしまうため、交通事故に遭った際には補償を利用するようにしましょう。
次に、入院雑費や、通院する際に掛かった交通費などを補償してもらえるということが挙げられます。
入院していると、家にいられないためにさまざまな雑費がかかってきます。
さらに通院となると、自宅から病院までの往復の交通費がかかってしまうでしょう。
そのため、交通事故治療で入院や通院となった際には、これらの金額を補償してもらうことが可能なのです。
その他にも、休業損害というものがあります。
これは、事故に遭ってしまって働くことができなくなった場合、1日あたりの給料の平均額を計算し、休んだ日数分の金額をもらうことができるという補償です。
このように、さまざまな損害補償があるので、知っておくと良いでしょう。

新着情報

◎2017/5/17

受けられる主な損害補償
の情報を更新しました。

◎2017/3/27

交通事故治療のトラブル
の情報を更新しました。

◎2017/1/6

交通事故治療・むちうち治療
の情報を更新しました。

「交通事故 損害」
に関連するツイート
Twitter

RT @shibuya1972: 性暴力や交通事故など「男らしく」振る舞おうとする男性が起こしがちな行為により157億ドルもの損失が米国で生じていると。公立大の学生約41万人の年間の教育費と生活費に匹敵する額。被害者のトラウマや機会の逸失といった損害も入れれば、男らしさのコスト…

返信先:@Nakaizm 1955年に交通事故被害者を広く救済することを目的に「自動車損害賠償保障法」が公布され、1956年には自賠責保険への加入が義務付けられたのです。この頃から任意保険でも、車を財産として守ると同時に、対人賠償保険や対物賠償保険など、事故の相手側への補償に重きを置く傾向がより顕著になっていきま

短期消滅時効~3年の時効期間の例~☆医者・薬剤師などの費用・手数料☆建築工事などの請負人の工事に関する債権☆交通事故・暴行事件など不法行為による損害賠償請求権☆不法行為による慰謝料請求権☆約束手形の振出人に対する所持人や裏書人の支払い請求権

Twitter消滅時効・援用代行センター@syoumetujikouen

返信 リツイート 昨日 15:42

損害賠償を支払うかわりに交通事故をもらうような話に聞こえるが:-

流用したいのであれば,普通に確定刑事記録を謄写した上で民事訴訟を提起すれば良く,わざわざ嫌な思いをしてまで損害賠償命令制度に依拠する必要はありません。そして,確定刑事記録を民事訴訟の証拠として流用することは,ごく普通に行われており(交通事故事案が典型),損害賠償命令制度でなければ

返信先:@nhk_news 本当にお気の毒です。この被害災難に負けずに、交通事故被害者の会長になって、交通安全を奨める活動に奮起して下さい。加害者からは膨大な損害賠償を取ることですね。元官僚とて逮捕もされないとか?許されないですね。

ペダル踏み間違いに起因する交通事故では、ナルセ機材のワンペダルのような構造を知りながら採用していない自動車メーカーに損害賠償額の一定割合を負わせるべきだと思う。法的に可能かどうかはともかく。

損害賠償を受けるためにも、加害者側との連絡先や住所などの情報交換は必須。 保険会社に示談交渉を委任するためにも、一定の個人情報の利用や開示は必要。 交通事故証明は自動車運転安全センターが発行するもので、保険会社は取得する側。 jsdc.or.jp/certificate/ta… twitter.com/yurikalin/stat…

今更なんですけど、交通事故の慰謝料+休業損害。 安すぎて震えたので弁護士に相談します。 何の報告やねん。

交通事故で娘が死んだのはまあお気の毒にって感じだけど、損害賠償で金もらってもそれに課税されないってやばくね? 子供産みまくって轢かせれば億万長者まっしぐらやん